現在地 HOME > クエン酸サイクルとは?

クエン酸サイクル(クエン酸回路)とは?

クエン酸サイクルは体内のエネルギー生産工場

皆さん、クエン酸サイクル(クエン酸回路)をご存知ですか?
クエン酸サイクルは、ハンス・クレブス博士(英)によって1937年に解明され、1953年にこの功績によりノーベル賞を授与された学説です。

人間が生きるためにエネルギーは欠かせないものです。このエネルギーは「クエン酸サイクル」というエネルギー生産工場で作られます。
下図のように食事によって得られた栄養素はオキサロ酢酸と結合し、最終的にクエン酸となります。
そして順次に、cis-アコニット酸 → イソクエン酸 → アルファケトグルタル酸 → コハク酸 →フマル酸 → リンゴ酸 → オキサロ酢酸と8種類の酸に変化し、その量が徐々に減っていきます。そして減った分だけが熱(エネルギー)、炭酸ガス(吸気)、水(尿・汗)となって燃えていくことになるのです。このクエン酸サイクルがスムーズに流れないと身体に不調が生じ、身体の中にピルビン酸(焦性ブドウ酸)や乳酸がどんどんたまっていきます。
クエン酸回路を潤滑に回す一番手っ取り早く簡単な方法がクエン酸を摂取することです。クエン酸サイクルが活発になると、乳酸やピルビン酸もクエン酸サイクルに入り燃えていき、エネルギーの素としてどんどん活用されていきます。クエン酸は健康に良いと言われていますが、まさにこのサイクルがその秘密なのです。

クエン酸はなぜカラダにいい?

人間の体液は、健康であれば弱アルカリ性に保たれていますが、「酸っぱい味の酸性の食品類をたくさん摂っていたら、体液は酸性に傾くのではないの?」 という疑問も持つ方もいらっしゃることでしょう。

私たち人間を含む生物は、生きるために常に体内で物を燃やして(酸化して)います。従って生きるということは、呼吸によって摂り入れた酸素とエネルギー源となる物質とを結合させて、常に酸化物を作り続けているということになるのです。その体内において、常に行われている「酸化」という作用がうまく行われていない場合には、乳酸やピルビン酸などが滞り、体液が酸性の方向に向かおうとします。
しかし、その酸化物である乳酸やピルビン酸をエネルギー源として完全に燃焼・酸化させることができるなら、これらは最終的に炭酸ガスと水となって排出され、体液や細胞組織が健康な状態である弱アルカリ性に保たれ易くなるのです。クエン酸サイクルには、体内の乳酸やピルビン酸をさらに燃焼させ、エネルギーと二酸化炭素と水に変える働きがあります。その結果、体液は弱アルカリ性に保たれ、身体は健康な状態を保つのです。

体調が良くなると自然に機嫌も良くなり、活発でメリハリのある生活をするようになります。つまり、クエン酸を飲む人は、それだけストレスの解消が上手にできる人になるという事もいえます。

クエン酸は、このように肉体的な面に加えて精神的な面からも複合的に健康をサポートするすばらしい栄養分なのです。

お電話でのお問いお合わせ・ご注文は、03-5764-1001
オンラインショップへ
新着情報
公式フェイスブックへ みなさまからの「いいね!」をお待ちしています!
公式ツイッターへ

お知らせ&特集アリストの商品は厚生労働省から発表された食品の中にある放射性物質にかかわる規格基準をクリアしています。 ドーピングについて スポーツ選手をサポートしています!お客様の声アリストから新提案 「お酒」+「サプリ」。健康で美しい毎日へ アリストの「だし」を使ったおすすめレシピ    リスタートランニングクラブ

▲ ページトップへ